セフレをつくるなら独身より人妻

セックスフレンド(通称セフレ)をつくるのであれば、独身よりも人妻がおすすめです。こちらが既婚であるなら尚のこと、後者をおすすめします。

◎独身セフレのメリット・デメリット

メリットは、時間に自由が利くためデートに繋げ易く、長時間の拘束も可能という点です。唐突な誘いであっても、都合が付く限りは良い返事をくれます。

デメリットは、面倒事に発展する可能性を秘めている点です。セフレの基本は“非・恋愛”であり、恋愛感情を持ち込むことはマナー違反です。しかし「気に入ったから」という理由で持ち込む・既成事実を盾に結婚を迫るとんでもない女性も存在します。

総論:都合はつきやすい。しかしトラブルが発生しやすい。

◎人妻セフレのメリット・デメリット

メリットは、割り切った関係を築ける点です。人妻は一時の息抜きを楽しみたいだけであり、家庭を蔑にするつもりはありません。そのため互いの私生活に干渉することを嫌い、連絡は最低限のみ行われます。

デメリットは、都合が付きにくい点です。家族が在宅する時間帯は外出困難のため、必然的に日中(家族が不在の時間帯)のみの関係に落ち着きます。しかし、こちらが都合を合わせられない場合、関係の継続は困難です。

また関係は不倫に該当するため、無条件でリスクを背負うことになります。

総論:割切った関係を楽しめるが、常にリスクが付きまとう。

M男と人妻は相性抜群

M寄りの性質であるなら、人妻をセックスフレンドに選ぶことをおすすめします。この組み合わせは相性抜群であり、双方が存分に楽しむことが出来るためです。

多くの人妻はS寄りという事実

女性は本来、M気質です。しかし人妻は例外であり、S気質であることが多いです。ここには夫との性生活が関係しており、不満があるほどS気質に近くなります。

なぜなら夫婦の性生活は、夫が支配権を握っています。動物的には自然な関係ですが、良い様にされることに不満を抱く妻は少なくありません。彼女らは、自分には何一つ自由がないことに不満なのです。

そのためセフレとの行為ではS気質になり、日頃の鬱憤を晴らすかのごとく耽ります。しかし肉体的に苛めたいわけではなく“男性を攻めたい”という純粋な欲求であるため、苦痛は伴いません。程よい刺激の攻めで、こちらのM気質を満たしてくれます。

また、こちらが年下の場合は尚のこと、S気質を刺激されるようです。可愛い子ほど苛めたくなると言いますしね。M気質な人はもちろん、行為中にリードを求める人にも、人妻はおすすめ出来る相手です。

しかし個々の相性はあります。末永く付き合えるセフレが欲しいのであれば、複数の人妻と関係を持ち、最良のパートナーを選びましょう。